>
薬剤師のお仕事内容:調剤薬局、ドラッグストア、病院で働くとは

薬剤師のお仕事内容:調剤薬局、ドラッグストア、病院で働くとは

調剤薬局で働くとは

薬剤師の調剤薬局での平均年収は、約400~650万円くらいです。
調剤薬局では、主に患者が持ち込む処方箋に対して医薬品を調剤し、患者にわかりやすく説明をしながらお薬をお渡しするお仕事がメインです。調剤薬局の店舗によって、病院やクリニックの門前である場合とそうでない場合があります。どのような医療機関の近くにある店舗かによって、処方するお薬の内容や接する患者が異なるでしょう。多くの場合は少人数での職場となっており、事務や受付のスタッフ以外に、薬剤師が店舗に1名しかいない場合も少なくありません。

調剤薬局の薬剤師求人一覧

ドラッグストアで働くとは

薬剤師のドラッグストアでの平均年収は、調剤薬局とほぼ同水準です。店長クラスになれば、約700万円クラスも望むことができるでしょう。 ドラッグストアでは、調剤併設の店舗でない限り調剤業務はありません。その場合、主に品出し、商品案内、発注、在庫管理といったお仕事が中心になります。OTC薬品は来店したお客様が自身で選ばれることもありますが、そこに薬剤師の専門的なアドバイスが加わることで、お客様のよりよいセルフ・メディケーションに貢献することができます。

ドラッグストア(OTCのみ)の薬剤師求人一覧 ドラッグストア(OTC+調剤)の薬剤師求人一覧

病院で働くとは

薬剤師の病院での平均年収は、約400~650万円くらいです。
病院は求人数が業界的に少ない割に、薬剤師の間で人気の高い転職先の一つと言えるでしょう。病院では、主に入院中の患者へ医薬品の調剤と服薬指導、また患者の薬歴管理等を行います。また、注射薬の取り揃えや混合も、最近は薬剤師が行うことが増えてきています。

病院の薬剤師求人一覧

管理薬剤師として働くとは

薬剤師免許を持ち、さらなるキャリアアップを目指したい方には管理薬剤師の道があります。多くの場合、薬剤師としての一定期間の実務経験のほか、薬局運営・管理能力やリーダーシップ、医療事務や薬事法などに精通していること、などもよく求められるスキルです。
業務内容としては、一般の薬剤師と同じく調剤・服薬指導といった業務のほか、医薬品の購入や薬事管理、店舗の従業員の勤怠管理など、管理職としての業務もあり、幅広く様々な経験が可能です。

管理薬剤師の薬剤師求人一覧

薬剤師求人応募ガイド

ページトップへ戻る