>
退職手続き

退職手続き

自己都合・会社都合

失業保険の給付に大きく差が出る退職理由の「自己都合」と「会社都合」。当然、自分の都合で辞めた場合は「自己都合」ですが、本当は「会社都合」である場合も多いのです。会社の倒産や事業所単位で1カ月に30人が退職するなどは、いわゆる「会社都合」になります。実際の労働条件と食い違いがあった場合や、急な賃金低下(残業手当を除く給与が85%未満に低下した場合)や、病気・心身摩耗なども会社都合となる場合が多いのです。この会社にいるのが「ツライ」と思った理由を、正直にハローワーク職員へ伝えてみましょう。

退職届の書き方

退職の意思を伝えていたとしても、早いうちに「退職届」を提出しましょう。白い無地の封筒と便箋を準備! 黒の万年筆かボールペンで書きます。封筒の表、中心に「退職願」と書き、裏面左下に部署名と名前を記入します。一行目中央に「退職願」と書き入れ、二行目の下部に「私事」と記入しましょう。三行目より「この度、一身上の都合により、平成○年○月○日をもって退職したくここにお願い申し上げます。」と記入。日付は元号で記入しましょう。改行し、提出の日付、さらに改行して部署名、名前、押印。改行して、会社名・社長氏名を記入し、敬称は「殿」を使います。

薬剤師求人応募ガイド

ページトップへ戻る