>
これでバッチリ!薬剤師の面接対策

これでバッチリ!薬剤師の面接対策

薬剤師の面接は、一般職に比べ採用率が高いといえます。
全国的に薬剤師不足の傾向があり、転職・就職は比較的容易になっています。ただし、競争率の高い調剤薬局やドラッグストアになると面接での受け答えも非常に重要なポイントになります。自分を最大限魅力的にアピールするために、面接では服装・マナーなどにも細心の注意を払いましょう。

チェックポイント

何より基本は清潔感!!
・スーツやネクタイはきちんとアイロンがかかっていますか?
・履いていく靴は磨いてありますか?
・髪形、ひげや爪のお手入れは?
・ハンカチ、ポケットティッシュの準備はOK?

面接サクセスマナー ここに注意!

◆受付

簡潔に自分の名前、訪問の趣旨を伝える。
すでにここから面接は始まっているので“見られている”という意識で!

◆控え室

たばこや携帯は厳禁!携帯の電源はオフに。

◆面接室

入室時には軽くノック、「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言って入り、面接官に勧められたら椅子に座る。

◆面接中

椅子に深く腰をかけて背筋を伸ばし、手は指を揃えるか軽く握りこぶし。目を見ると緊張してしまうので、ネクタイの結び目または首もとあたりを見て。受け答えははっきりした声で。多少しどろもどろになっても真摯な態度でのぞめば大丈夫。足を組むなどは言語道断!

◆退出時

緊張が一瞬ゆるんでしまいがちですが、会社を出るまで油断は禁物。「お世話になりました」「ありがとうございました」と、きちんと挨拶をして退出しましょう。

薬剤師求人応募ガイド

ページトップへ戻る